気になる在籍確認とは

カードローンの審査時には、その人の返済能力を確認します。その際、申告した内容に基づいて、どの位の金額なら返済能力があるかという点の他に、申告した内容に間違いがないかについても、裏を取ります。

 

もしも年収1,000万円とでも申告しておけば、審査ではかなり有利になりそうです。しかし、本当にそれだけ稼いでいるのか、申告通りに働いて収入を得ているのか、申告した住所は存在しているのかなどを、確認します。嘘の申告をしてもバレてしまえば、審査に落ちてしまいます。

 

年収や働いている職場については、収入証明書類や在籍確認で裏を取る場合があります。直近の給与明細書や納税証明書などがあれば、収入を得ている点は確認が可能です。ただし収入証明書類は、必ず必要というものではなく、借入希望額が多い場合や審査の結果の判断が微妙な場合に提出を求められるケースがあります。

 

職場の在籍確認については、大手消費者金融や銀行系カードローンでは必ず必要になります。今は社会保険の保険証や直近の給与明細書で確認を取る場合もありますが、在籍確認の主流は職場への架電確認となります。

 

職場への電話となるとギョッとする人もいるかもしれませんが、カードローンの審査の為とは絶対に言いません。かける時も個人名で名乗ってくるので、職場への電話でカードローンの申込みがバレる心配をする必要はありません。

 

消費者金融での例を挙げるとすれば、プロミスでの在籍確認は担当者が個人名で行うこととなっています。プロミス名は本人に電話がつながれるまでは明かさないので、電話に出た人にとってはどこからの電話なのかは分かりません。

 

プロミスなら在籍確認も含めてプライバシーをしっかりと守ってくれるだけでなく、全国各地さいたまのプロミスでも即日融資で借りられることで、高い人気と信頼を得ているために注目です。