カードローンで今日お金を借りたい

どうしてもお金が必要な時の助けとなるのがカードローンです。様々なお金の用途に利用出来ますが、申込んでその日の内にお金を借りたいという人もいると思います。急な出費という事態であれば、とくかく急ぎでお金が必要となります。

 

カードローンで今日お金を借りるのは可能なのか、これに対する答えとしては、やり方次第と言えます。今日中にお金を借りたい人が気を付けたいコツをまとめました。

 

申込み先は消費者金融が早い

カードローンは消費者金融だけでなく、銀行でも取扱しています。銀行のカードローンも審査時間の短縮化が進み、最短で即日での融資に対応している所も増えてきています。

 

しかし、融資までのスピードが早いのは、やはり消費者金融です。消費者金融は審査時間が非常に短く、最短30分で審査結果の回答を得られます。その後の契約手続きも早く、申込みから1時間程度でお金を受取るのも可能です。

 

銀行の場合でも即日融資に間に合う可能性はありますが、思わぬところで日数がかかってしまうケースがいくつも考えられます。

 

例えばその銀行の口座を持っていない場合には、口座開設まで2週間程度かかったりするケースがあります。また、銀行の場合、審査や契約手続きの営業時間が短いというデメリットがあります。15時以降の申込み時には審査結果が翌日になったり、土日や祝日は対応していなかったりと、やはり即日での融資に間に合わない可能性があります。

 

急ぎでお金を必要としているならば、間に合わないリスクが高い銀行は選ぶべきとはいえないでしょう。

 

消費者金融なら各地で手続きが行えるメリットもあり、契約機を使うのであればより早くに借りられるようにもなっています。ネット審査後の手続きならより早くに進み、急な出費があったとしても消費者金融札幌のように全国各地で早くに借りられる点が魅力です。

 

 

借入希望額は少ない方が早い

カードローン申込時には借入れ希望額を聞かれます。今後必要になるのを想定して、希望額を多めに申告する人もいます。しかし、急ぎでお金を借りたいのであれば、借入希望額は少ない方が有利になります。

 

金額が少ない方が、審査での判断が難しくなる可能性は低くなります。多額の借入れであれば審査も慎重になり、それだけ時間がかかってしまいます。

 

また、金額が少ない方が審査は甘くなるので、審査落ちをする可能性も低くなります。急ぎでお金が必要な時に審査落ちでは、大幅に時間をロスしてしまいます。

 

また、借入金額が多いと、本人確認書類の他に、別途収入を証明する書類も提示を求められる場合があります。書類の用意に余計な時間を取られるのも、できれば避けたい所です。

 

消費者金融のカードローンでは、借入希望額が50万円を超える辺りから、審査や手続きが面倒になってきます。

 

審査時間は長引く場合がある

消費者金融のカードローンの審査は、最短30分程度で終わります。ただし、状況によっては審査時間が長引く場合があるので注意が必要です。

 

審査が長引く要因として、単純に審査窓口が混み合う場合があります。こればかりは人間が行う所もあるので、混んで長引くというは可能性としてありえます。カードローン申込みのタイミングが営業時間ギリギリだと、審査結果が出るのが翌日になる場合もあるので、注意が必要です。余裕をもって申込みを行いましょう。

 

審査が長引くもう1つの理由が、審査内容が複雑になる場合です。例えば何年も前に未払いの情報が見つかり、その確認に時間がかかったり、名字や住所などの個人情報が頻繁に変わっていて、情報の確定に時間がかかったりした場合です。

 

審査の判断に時間がかかってしまうと、これも大きな時間のロスになってしまいます。頻繁に借入れや返済遅れを繰り返している人などは、審査に時間がかかるかもしれないと覚悟しておきましょう。

 

どうしても急ぎで審査を行ってほしい場合、大手消費者金融では申込み後に電話でその旨を伝えると、優先的に審査を行ってくれる所もあります。

 

大手消費者金融は土日でも審査も電話も対応をしているので、早くに進めてほしいのであれば曜日を問わず、ネットで申込みを行った後に連絡をしてみましょう。連絡後、審査をすぐに行ってくれれば早い回答に期待ができ、さらにはプロミス松戸での手続きのように自動契約機でカードを受け取れば、週末の最短即日融資も可能となるために助かります。